活字耽溺者の書評集

好きな本を自由気ままに書評するブログ。

【週刊800字書評】『テロルの決算』 沢木耕太郎/文春文庫

※この記事はシミルボンからの転載です。

二つの熱気が衝突する瞬間

 日比谷公会堂の檀上、短刀を水平に構えた白い顔の少年と、手を前に出し黒縁眼鏡がずり落ちた老政治家が立っている。17歳の右翼少年・山口二矢が、61歳の社会党委員長・浅沼稲次郎を襲撃した瞬間をとらえた、1961年ピュリツァー賞受賞の有名な写真である。

 事件後、右翼の間で、ある話が広まる。それは、二矢は浅沼を刺したあと短刀で自分を刺すつもりだったが、駆けつけた刑事に刃を掴まれてしまい、無理に抜いて手を引き裂いてしまうことをおそれ、自決を諦めたというものだ。この「二矢伝説」に惹かれた著者が、多くの事件関係者への取材をおこない、浅沼の人生と対比させつつ、この若きテロリストの人生をまとめたのが本書である。

 二矢は、一般には誰かに使嗾されてこの事件を起こしたと言われている。だが、いくつもの挿話から見えてくるのは、礼儀正しく自分の意見をしっかりと持っている少年である。しかし、父親自由主義かつ個人主義的な教育方針や、当時の強者である左翼への反撥心から、攻撃的な正義感が育まれる。そして、右翼の旗頭である愛国党に入党して安保闘争に身を投じ、過激な行動を繰り返していく……。

 そんな二矢とは対照的に、「庶民的」「演説百姓」と囃された浅沼の人生は苦難だらけだった。三宅島で庶子として生まれ、社会を良くしたいと労働運動や無産運動に参加するが、日和見主義だと折檻されたり、リンチを受けたりした。そのトラウマは深く、二度も発狂し、家族にも迷惑をかける。それでも政治への傾倒をやめず、巡礼の果ての二度の訪中で、中国の社会主義に深く感動し、積年の思いが結実するかに見えたが……。

 2008年に発売された新装版である本書は、著者のあとがきが三つある。それらすべてを読んで、改めて写真を見返すと、単純な「加害者」と「被害者」の構図ではないことに気付く。今ではとても考えられないような政治の熱気が凝縮された労作である。第10回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。(803字)

【週刊800字書評】『決定版 2001年宇宙の旅』 アーサー・C・クラーク/伊藤典夫訳/ハヤカワ文庫SF

※この記事はシミルボンからの転載です。

驚異の世界に挑む想像力

 宇宙は、想像を絶する空間である。幾多の創作者が、宇宙をモチーフに作品を創り上げてきた。だが、観測技術が発達するにつれ、創作を軽く凌駕するデータや桁外れな事実が明らかになり、真っ向から挑むには難しい題材となりつつある。

2001年宇宙の旅』は、そんな、どこまでも驚異的な宇宙の神髄に肉薄する記念碑的作品である。著者は20世紀を代表するSF作家アーサー・C・クラーク。映画監督スタンリー・キューブリックの依頼を受け映画脚本原案に参加し、アイデアをまとめたものをノベライズしたのが本書だ。

 三百万年前の地球に、謎の物体が出現する。巨大な黒い石板の形をしたそれは、原始人類(ヒトザル)に劇的な変化を与える。道具を使えるようにしたのだ。獲物を迅速にしとめる術を知り、ヒトザルの知能は急速に発達していく。

 その後、人類文明が大いなる発展を遂げて、月に居を構えだした時代。月で地中から奇妙なものが発見されたとの一報を受け、アメリカ合衆国宇宙評議会のフロイド博士は、月面グラビウス基地に急行する。見つかったのは、黒い厚板上の直立石――モノリス。驚くべきは、周辺の地質調査によれば、埋められた年代はおよそ三百万年前であること。つまり、人類が存在しなかった時代に地球外生命体が存在したことが立証されたのだ!

 一方、宇宙船ディスカバリー号船員ボーマンは、太陽系の惑星調査のため、長い旅を続けていた。しかし、土星へと向かう途中で、船に搭載された人工知能コンピュータ、HAL9000が反乱を起こし、ボーマン以外のクルー全員が死亡してしまう。そして彼は、モノリスに関わる本当の目的を知らされるのである……。

 ミステリ小説のような謎を物語の推進力としつつ、道具を手にして宇宙に飛び出した人類が最後に行き着く先を解いてみせようとした本書。映画版が多様な解釈の入り込む素地を残しているのに対し、この小説はクラークの解釈が散見されるが、それでもこの作品がもたらした想像力の幅は驚嘆の一言に尽きる。色褪せを知らない名作ハードSFだ。(831字)

【週刊800字書評】『影武者徳川家康』 隆慶一郎/新潮文庫

※この記事はシミルボンからの転載です。

身を焦がさんばかりの渇望

 徳川家康関ヶ原の闘いにて暗殺される!

 この現実に最も震撼したのは、そばにいた家康の影武者・世良田二郎三郎。彼は、家康と年齢が近いだけでなく、背格好から体格、容貌に至るまで、家康と酷似していた。しかも、十年の長きに及ぶ影武者としての修練の成果で、癖や思考の方法すら身に着けた男である。

 今は天下分け目の合戦の真っ只中。総大将の死が知らされれば、徳川軍の士気にかかわる。それどころか、影武者の任を全うできなかった自分の首が危うい……窮地に立たされた二郎三郎は、一世一代の賭けに出る。家康になりきって生きるのだ――。

 このようにして幕を開ける本書は、時代作家・隆慶一郎の畢生の一大巨篇である。

 さて、咄嗟の判断が吉と出て、見事な勝利を収めた徳川陣営。家康の顔をよく知った配下五人に暗殺の凶報が伝えられ、急遽善後策が練られる。家康の死を隠すのか。公開するのか。下された結論は、二郎三郎には引き続き家康を演じ続けてもらうこと。それが、徳川家にとって最良の手段である。

 こうして二郎三郎の苦悩の日々が始まるわけだが、いつバレるかひやひやしながら正体を知る者みんなで頑張って盛り立てていく……という話ではもちろん、ない。家康となった二郎三郎は、傀儡とはならずに、身を焦がさんばかりの自由への渇望を胸に秘めつつ、家康の考え方を徐々に実行に移していく。そして戦乱のない世を創成すべく、豊臣と徳川の和平を目指し、関ヶ原から落ち延びた島左近と、家康を暗殺した忍者・六郎までも味方につけ、権力移譲を迫る嫡男・秀忠と壮絶な暗闘を繰り広げるのである。

 本書は何も、荒唐無稽な歴史ファンタジーではない。「伝奇的手法及び文章を使いながら、歴史的事実を再構成したい」という著者の強い意志のもと、徳川家康関ヶ原合戦前後で性格が奇妙な変貌を遂げていることに着目し、史実の間を縫うようにして生まれた作品だ。ちょっとやそっとの労力で描けるものではない。並々ならぬ執念がみなぎる一作だ。(817字)