読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

活字耽溺者の書評集

翻訳ミステリ、サスペンス、ノンフィクション等の書評。産経新聞書評欄に不定期で寄稿。

『昭和声優列伝 テレビ草創期を声でささえた名優たち』 勝田久/駒草出版

※本稿は「週刊読書人」2017年4月14日号に掲載された書評の転載です。

若き声優志願者へ贈る言葉

 今や声優は、若い人の間で高い人気を誇る職業の一つである。アニメ出演や洋画の吹き替え、ナレーションといった裏方仕事だけでなく、歌手となってコンサートを開いたり、テレビ番組に顔出ししたりするなど、活動の領域が広がり、その華々しさが憧憬の的となっているからだ。しかし、人前で芝居をする職の例に漏れず、売れっ子となるまでの道のりが相当に過酷なのもまた現実である。

 本書は、そんな声優業の草創期を彩った名優三十二人の証言を集成したものだ。著者は、『鉄腕アトム』でお茶の水博士役を務め、アニメ声優のパイオニア的存在となった勝田久。二部構成で、第一部は著者の自叙伝、二部が証言集となっている。戦後から高度経済成長期にかけての文化の変遷が凝縮されており、なかなか密度だが、さっぱりとした文体ゆえ親しみやすく、自然と惹き込まれてしまう。

 先陣を切る著者の経歴がまず鮮烈だ。通信士官を目指して従軍するも、直後に敗戦の日が訪れ、子供のころに思い描いた演劇の勉強をするべく再出発。翌年、鎌倉アカデミア演劇科に入学し、東宝の舞台に出演後、NHK東京放送劇団に採用される。数多くのラジオドラマに出、フリーの声優となったあとは、民放のラジオやテレビの吹き替えにも携わり、六三年、舞い込んだ『鉄腕アトム』の仕事が、生涯忘れ得ぬものとなる。

 とにかく業界裏話や驚きのエピソードが満載である。その中でも、著者と親交の深かった活動弁士徳川夢声が後輩の声優たちに向けて残した言葉が際立つ。「声とともに、その人の身体の奥深くに隠されている思慮思考までが発せられている。言葉を発するときには、その人の人格をも表現していることを忘れるな」

 続く第二部。著者が昭和五十年代に取材した原稿がベースで、錚々たる面々がずらりと並ぶが、語られるのは主に生い立ちと下積み時代の話だ。演劇の道を志しては挫折し、職を転々としてきた神谷明。少年のような機敏な行動力が役とも直結するようになった野沢雅子。女の子らしくない声を持ちながらも、がむしゃらに演劇に取り組んできた大山のぶ代。翻訳家と二足の草鞋で声優の世界に飛び込んだ小林清志……。

 才能、努力、そして運の三拍子が揃っても、売れるとは限らないシビアな業界。今と昔では取り巻く環境が違えども、レールは自分で敷いていかねばならないところは変わらない。時代を風靡した先人たちの知られざる情熱と強靭な精神力に、思わず胸が熱くなる。(1002字)

【週刊800字書評】『ストーナー』 ジョン・ウィリアムズ/東江一紀訳/作品社

※この記事はシミルボンからの転載です。

地味でも平凡でも生きていく

 2015年に行われた第1回日本翻訳大賞の読者賞受賞作。その前年に亡くなった翻訳家・東江一紀氏の最後の翻訳書でもある。ストーリーは、簡単に言えば、平凡な男が大学で文学の魅力にとりつかれ、そのまま研究者として生きて死ぬというだけの話。斬新でもなければ目新しくもないのに、読み始めると、これがもうとにかく胸を打つ。

 詳しく紹介していこう。1891年、貧しい農家の一人息子として生まれたウィリアム・ストーナーは、物心ついたときからずっと農作業して暮らしてきた。しかし19歳のとき、両親から大学に入るようすすめられ、ミズーリ大学農学部に入学。そこで受講した英文学の授業で深く感銘を受け、文学修士を取るため大学にとどまる選択をする。

 やがて、兵士として戦場に赴いた友人の死や、生涯の伴侶となるイーディスとの結婚を経て、ストーナーは教壇に立つようになる。娘も生まれ、順風満帆な人生……かと思いきや、妻との行き違いで家庭生活が崩壊、態度の悪い学生との諍い、同僚教授との確執と、頭痛の種も次々に現れて、まったく思うようにいかない。

 これらは波乱といえば波乱である。しかし、特段奇抜な設定ではない。ストーナーもべつにエネルギッシュではなく、常に受動的かつ不器用で、殊更成長の場面があるわけでもない。つまり地味なのだ。実際、アメリカで1965年にこの小説が発表されたときは、愛好家の間で話題となっただけで、2006年に復刊されるまでほとんど存在すら忘れられていたそうだ。

 たしかに彼の人生は、耐えることばかりで、面白味はあまりない。だが、挫折と悔恨を重ね、病魔に蝕まれながらも、ストーナーが見出した喜びが、たまらなく美しい。それは彼にしかつかめなかった幸福だ。文学は人間の普遍的な業を描くものだったと再認識させられる。こういう体験があるから、本を読むのはやめられない。

 東江氏は病で結末まで訳ができず、ラスト1ページは弟子の方が引き継いだという事実がまた、心ふるわせる。本を愛していて良かったと思える作品だ。(825字)

shimirubon.jp

【週刊800字書評】『実況・料理生物学』 小倉明彦/文春文庫

料理しながらゆるく楽しく学ぶ! 

 金曜日16時半すぎ、大阪大学豊中キャンパス、理学部学生実習室。15名ほどの学生が講義を受けている。科目名は「料理生物学入門」。今日は小麦粉を捏ねる作業が中心だ。

 P(教授) 生地を寝かせている間に、今の作業が、小麦粉の分子に何をしていることになるのか、説明をします。さっき、小麦粉の中には、デンプンのほかにタンパク質が10%も入っている、って話しましたね。(中略)いま何が起きてるか。混ぜ込んだ酸素がタンパク質分子と反応しているんです。ほら、酸素がプチプチ反応してるのが見えるでしょ。

 S(学生) 見えるわけないっしょ。

 P 冗談です。……

 というやり取りをしながら、大阪大学神経生物学教授である著者と阪大の学生が一緒になって料理をする様子を収めた講義録が本書『実況・料理生物学』だ。上の引用からもわかるとおり、かなりユルい雰囲気の授業で、開講から終講まで欠席者ゼロの名物講義だったそうである。

 なぜこんな授業を思い立ったのか。あとがきで著者はこう語る。阪大の学生の知識は決して少なくない。しかしそれはあくまで教科書の中の世界にすぎず、自己に身体化できていない。そこで考え付いたのが、実物にじかに触れられ、感じることのできる再学習、すなわち料理だった――と。

 そんなわけで、勉学意欲を引き出すための苦心惨憺の結晶とも言える本書だが、試行錯誤の集積から成る料理文化の特質上、メインの生物学の話からよく脱線するのも特徴だ。「焼豚には前と後ろがある」「ビタミンB1不足と脚気の歴史」「世界三大クサ食品2位シュールストレミングを食す」などなど、雑学あり薀蓄ありギャグありで、吸引力がすさまじい。教授は終始優しげだし、作った料理も美味しく食べられるのだから、そりゃ人気が出るわけである。

 生物学だけでなく、解剖学、生化学、生理学まで横断したこの講義は、2001年から5年間に渡って行われたが、キャンパスと研究室の移転に伴い終了した。体系だった学び方ではないけれど、基本を押さえつつ学生を惹きつける話芸が光る、愉しい科学読み物だ。(840字)

 

補足:著者は今年3月末で23年間過ごした阪大を退職した(公式ブログより)。

http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/~oguraa/index.htm