活字耽溺者の書評集

好きな本を自由気ままに書評するブログ。

【800字書評】『かがみの孤城』 辻村深月/ポプラ社

※この記事は2017年10月15日付産経新聞読書面からの転載です。

逃げ場を見つけ出すには

 昨今、辛い目にあったり理不尽なことをされたりしたら、とにかく逃げろと、盛んに言われるようになった。そのとおりなのだが、これは生きる術を多く知っている大人の理屈である。学校と自宅周辺ぐらいしか世界を持たない子供にとっては、逃げ場を見つけ出すのは容易ではない。本書は、そうした子供たちを主役とした小説だ。

 中学に進学したばかりの安西こころは、同級生から受けた仕打ちで、不登校が続いていた。母親に紹介された子供育成支援教室にも行けなくなり、部屋に籠る毎日。ところが5月のある日、突然自室の鏡が光り輝く。少女の声に導かれて、鏡を抜けた先には、西洋の童話で見るような城と、同じ年頃の子供6人が待っていた。

 子供たちを連れてきた、仮面の少女「オオカミさま」の説明を要約するとこうだ。この城の奥には「願いの部屋」がある。お前たち7人にはその部屋に入るための鍵探しをしてもらう。期限は今から来年の3月末まで。また、この世界と現実の世界は行き来自由だが、城にいられるのは朝9時から夕方5時までで、時間厳守。城には各自の部屋も用意してあるから、好きに使うといい……。

 絵に描いたような異世界ファンタジーの開幕だが、冒険譚ではない。その証拠に、7人とも、初めのうちは、一日中テレビゲームをしたり、ささくれだった心の内を隠しながらコミュニケーションを取り合ったりと、城を現実からの避難場所として利用する。暗黙の了解として存在するのは、全員が現在まともに学校に行っておらず、おいそれとは解決しない事情を抱えていること。そうした秘密を含め、数々の謎がほぐれていく終盤の怒濤の展開は圧巻である。

 どこを逃げ場に選んでも、良いことばかりではない。前途だって保証されているわけではない。それは子供も大人も同じである。でも、自力で奇跡を起こせる場合もあるし、救いの手が差し伸べられることもある。生きてさえいれば。本作はまさしく明日を生きる力をくれる一冊だ。(806字)

『あのころのパラオをさがして 日本統治下のパラオを生きた人々』 寺尾紗穂/集英社

※この記事は10月13日発売の週刊読書人からの転載です。

過ぎ去った大きなうねりにゆれる心

 南洋に浮かぶ島国パラオパリ講和会議直後の一九二〇年から太平洋戦争終結の一九四五年まで、この国は日本の委任統治領、すなわち植民地であった。南洋庁が設置され、多くの日本人や朝鮮人が移住し、島民と生活をともにした二五年間。そこには、どんな日常があり、どんな戦争があったのか。中島敦の「南洋もの」作品群をきっかけにパラオに惹かれた著者は、パラオで暮らした日本人、現地のパラオ人、元移民たちの三つの視点から七五年前の南洋を生きた人々を追いかけた。本書はそれを集成したものである。

 梗概を簡単に書くとこんな感じだが、これだけではこの本の魅力はほとんど語れていない。というのも、著者は取材対象の言葉を「思考と感覚の両輪で事実を捉えていく」ため、論文らしさを取っ払った、「ノンフィクション・エッセイ」の形式を取っているからだ。

 その独特のスタンスは冒頭から発揮される。パラオに向かう飛行機の中で著者は、南洋庁に赴任する中島が八歳の息子にあてた手紙と同じように、六歳の娘に向けて手紙を書くのだ。中島がどんな心持ちで南洋に旅立ったのか想像しながら。中島は以後も、著者の旅の水先案内人となって、たびたび登場する。

 かくしてパラオに降り立った著者は、中島敦の作品や、彼と親交の深かった彫刻家で民俗学者土方久功の著作を頼りに、彼らと交流のあった人物や、国立博物館、史跡を訪ねて回る。日本の統治によるインフラの整備や教育の発展で、現在でも「親日国」と呼ばれるパラオだが、実際はそのような美談ばかりでなかったことを裏付ける証言もある。

 国立博物館の順路の最後にあった、日本兵パラオ人に振るった暴力についての和訳なしの展示。日本人を頂点とする、たしかなヒエラルキーハンセン病患者が日本軍に殺された事件。日本軍の食糧確保のため、高級将校の間で交わされた島民虐殺計画(ただし下級将校やパラオ憲兵の反対により未遂)。このような日本の暗部を知りながらも、母親の命を救ってくれた日本軍医への感謝と恋心で、今も日本への思慕を持つ八五歳のニーナさん。軍国主義の名残が垣間見える、日本語混じりのパラオの歌「デレベエシール」……。

 二度のパラオ訪問と、元移民への取材を経て、七五年前のパラオさがしは、いつしか戦争という大きなうねりの爪痕に迫る旅となり、著者の心はゆれる。証言者たちの生の声から、彼らの内面を推し量ろうとしたが、そのあまりの重さ、複雑さに、うまく言葉を見つけられなかったからだ。

 しかし、この誠実な姿勢こそが、人間の心の襞、人と人との関係を捉えるためには大切なことだと思えてならない。白か黒かの断定、是か非かの二元論を繰り広げて、その事物や事象について知ったような気になっている頭でっかちには、決してたどり着けない境地であろう。

 膨大な資料と、血肉の通った数多くの証言、そして著者の真摯な心のあらわれを色鮮やかにパッチワークした、熱い使命を感じさせる一冊だ。(1209字)

 

【800字書評】『ぬばたまおろち、しらたまおろち』 白鷺あおい/創元推理文庫

和洋ごった煮の現代お伽話

 主人公の深瀬綾乃は、岡山の山奥の村で暮らす少女。小学4年生のとき事故で両親を失い、伯父の家に引き取られ、現在14歳になる。

 綾乃には幼馴染がいる。お社の裏の淵の洞穴に棲む白い大蛇だ。名前はアロウ。3メートル以上の巨体を持ち、人間の言葉を話すこともできる。アロウは綾乃に首ったけで、泳ぎを教えてくれたり相談に乗ったりする優しい面もあるが、異種であることお構いなしに積極的アプローチをしてくるスケベな蛇でもある。

 そんな折、綾乃は村の雨乞いの祭りにて、舞姫の役に抜擢される。だが、祭り当日、村近くのサーカスから逃げ出したアナコンダに襲われ、綾乃を守ろうとするアロウと化け物の間で怪獣大決戦が繰り広げられる……。

 と、伝奇的なエッセンス盛り沢山の本書だが、ここまではイントロダクションにすぎない。この後、村を訪れていた民俗学者で魔女のお姉さんに窮地を救われた綾乃は、そのまま茨城にある魔女学校ディアーヌ学院に転入し、薬草学やら箒の乗り方やらを学ぶ学園物語が第二幕として開演するのだから、驚くばかりだ。

 本書の醍醐味はこの和洋ごった煮のゆるさだ。たとえば前述のアナコンダの正体はネス湖で育った首長竜(ネッシー?)であるし、ディアーヌ学院のルーツはフランスのボルドー出身の魔女一族だ。学院の生徒は主に妖怪(「妖魅」と呼ばれる)から成り、雪女、人狼、小豆洗い、のっぺらぼうと多様で、中には人間とのハーフもいる。この学園生活はいかにも『ハリー・ポッター』なのだが、なにぶん茨城が舞台なので、つくばエクスプレス地震の多さなどもネタとして混ぜられており、妙なミスマッチについつい笑みがこぼれてしまう。

 しかし、散漫な作品ではない。某有名海外SFからモチーフを得た第三幕によって、実は周到な計算が巡らされたお伽話であったことを読者は思い知らされる。加えて、軽妙で明るい語りが心地良く、澱みを感じさせないのもいい。目新しさはないが、躍動感みなぎる楽しい一冊だ。第2回創元ファンタジイ新人賞優秀賞受賞作。(834字)