活字耽溺者の書評集

好きな本を自由気ままに書評するブログ。

【800字書評】『アイリーンはもういない』 オテッサ・モシュフェグ/岩瀬徳子訳/早川書房

※この書評は2018年4月29日付産経新聞読書面からの転載です。

醜悪な心を書き尽くす

 死者のような、慈悲深い無の微笑み――24歳のアイリーンが仕事中につけていた表情だ。彼女は内奥に秘めた激情を抑えるためにこの仮面をかぶり、内気で平凡な人間のふりをして生活をしていたのだ。本書はそんな彼女が故郷も名前もすべて捨てて行方をくらますまでの一週間を、50年後のアイリーン自身が回顧する形で綴った物語である。

 はじめに断っておくと、読んでいて気持ちの良い話では全くない。なぜなら、一人の若き女性の不安定な情緒が、おぞましく克明に描き出されているからだ。

 自分の体形にあらわれた女らしさを嫌悪し、食事もまともにとらず、食べたものはすぐに吐くか、下剤に頼る。人目を引かぬよう、服は死んだ母の形見ばかり着て、不格好に見えることも厭わない。日中から酒をあおり、幻覚に怯える父親を激しく憎むが、良い子のふりをしてやり過ごす。少年矯正施設という名の監獄での勤務中は、孤独な女を演じつつ、入所してくる少年たちや男性同僚に対して下劣な想像を膨らませる。友達はおらず、自己評価が低い一方で、周囲を内心で見下しては快感に浸る……。

 いうなれば彼女は、著しく未成熟なのだ。大方の人間が社会に出る前に折り合いをつけてしまう過剰な自意識を、制御に苦しむくらい肥えさせてしまい、持て余して暴走しているのである。老境に入ったアイリーンの語りは、冷淡なようでいて、醜悪だった自分を書き尽くさんとする執念に満ちており、そこに記憶違いや行動の矛盾も入り交じって、鬼気迫るサスペンスとなっている。

 アイリーンの転機は思いもかけず訪れる。彼女はいったい何を見、何を経験したのか。このミステリー的な趣向が、読む者を惹きつけて離さない。暗い情念が横溢しているのに、青春小説のような一抹の清々しさも備えた、比類なく鮮烈な作品だ。

 著者は1981年ボストン生まれの作家で、2015年に発表した本作は、PEN/ヘミングウェイ賞を受賞したほか、数々の文学賞にノミネートされた。(801字)

『アウシュヴィッツの歯科医』 ベンジャミン・ジェイコブス/上田祥士監訳/向井和美訳/紀伊國屋書店

※この記事は2018年4月14日発売の週刊読書人からの転載です。

数奇な運命を生き延びた若き歯科医の証言

 1941年、ポーランドの小さな村に暮らしていた二一歳のユダヤ人歯科医学生の家に、魔の手が忍び寄る。ナチス・ドイツによる強制連行だ。父とともに収容所へ送られることとなった彼の手に母が持たせたのは、歯科医療用の道具箱だった。この悪夢が終わったら、家族全員またここに戻ってくるんだからね。母のその言葉を信じたかったが、待ち受ける未来は形容しがたいほど残酷であった……。本書は、数奇な運命に導かれてホロコーストから生き延びた著者が、自らの体験を鮮明に綴ったノンフィクションである。

 そもそも、ポーランドをはじめ、当時のヨーロッパ社会では、ヒトラーの登場以前からすでに反ユダヤ主義が蔓延していた。暴言を浴びせられたり、殴られたり、商売から締め出されたり、法外な税を課せられたりと、あの手この手でユダヤ人を追い出そうとしていたのだ。

 そうした中で、著者が強制収容所で目にした光景は想像を絶した。絶え間のない労働、罵倒、暴力、裏切り。およそ人間の食べ物ではない食事、人間を食い物にするかのように繁殖し体中を這い回るシラミ。著者は終戦までの四年間にアウシュヴィッツを含む数か所の収容所をたらい回しにされるが、こうした待遇が改善されることはなかった。むしろ、恐怖は否応なしに増していった。死者の急増である。

 ナチスによるユダヤ人問題解決法が過激化するにつれ、収容所ではゲシュタポによる公開処刑が頻繁に行われるようになった。栄養失調や過労による衰弱死も常態化し、仲間は次々と斃れていった。母からの手紙で、母と姉の死も知らされた。父も、アウシュヴィッツにて仕事が遅いことに激高した囚人頭に殺害された。

 とはいえ、著者は死を待つつもりはなかった。歯科医の知識を活かして歯科治療の仕事にありついたり、監視の目を盗んで非ユダヤ人の女性と逢瀬を重ねたりと、高いリスクを冒しつつ、知性や機転を最大限に活かして窮地を切り抜けたのである。気紛らわしにユダヤ人を殺戮するSS上級曹長が、著者の治療は嫌がらずに受けて、その後家族を気遣う態度を示すエピソードなどは特に興味深い。

 思わぬ厚意や援助をしてくれた人々もいたが、やがてドイツの敗戦が濃厚となると、運命の手綱は握れなくなっていく。アウシュヴィッツから次の収容所への移送途中には、寒さのために多くのユダヤ人が衰弱し、死にかけと判断された者は放り出されるか、銃弾を撃ち込まれた。偶然にも兄と再会できた著者だったが、もはや気力は限界だった。

 そしてドイツ降伏後、戦争犯罪人として裁かれたくないナチス上級司令官によって、バルト海リューベック湾まで連れてこられた収容者たちは豪華客船にぞくぞくと乗船させられる。解放の時は近いはずだと誰もが思ったが、乗員を知ってか知らずか、船はイギリス空軍の攻撃を受け沈没。著者は兄とともに、日本ではあまり知られていないこの「カップ・アルコナ号の悲劇」からもどうにか生還したが、その他多くのユダヤ人の命が喪われたのは言うまでもない。

  著者の語りは誠実で清廉としているが、どこか超然としたところもある。それはこれらの壮絶な体験が、人ひとりが考えられる許容範囲を超えてしまっているためのように思う。人間にはなぜこんな暴力性が備わっているのか。運命を分けたのはなんだったのか。明快な答えはないが、いかなる立場の人も心に留め置くべき問いだ。

 なお、著者は戦後アメリカに移住し、2004年に亡くなった。祖国で暮らしたいと思うことは二度となかった。(1423字)

【800字書評】若くしてさいきょうの女探偵の物語――『修道女フィデルマの挑戦』(ピーター・トレメイン/甲斐萬里江訳/創元推理文庫)

 末恐ろしい女探偵である。

 7世紀の古代アイルランドを舞台に活躍する本書の主人公・フィデルマのことだ。修道女かつ法廷弁護士であり、裁判官の資格も有する。出自はアイルランド南西部のモアン王国の王女でおまけに美女。高い論理的思考力と豊富な知識を持ち、弁舌では負け知らず、常に冷静沈着で、護身術にも長け、男勝りの豪胆さも兼ね備える。

 もはやぼくのかんがえたさいきょうのヒロインだ。こんな超人を相手取ってしまった悪人は残念無念、悪事は白日の下に晒されること必定だ。同情すら覚える……。

 褒めそやしが長くなってしまった。本書は修道女フィデルマシリーズ第4短篇集である。著者ピーター・トレメインは1943年英国生まれの小説家で、フィデルマシリーズは現在長篇が7作、日本オリジナル短篇集が3冊邦訳されている。

 これだけの人気を誇るのは、謎解きの鮮やかさもさることながら、このフィデルマ姐さんの虜となってしまった読者が大勢いるからだ。本書にはフィデルマが修道女になる以前の話が2篇収録されており、シリーズ初心者にもやさしい一冊となっている。

 とはいえ彼女は10代の頃からスーパーだ。たとえば先陣を飾る「化粧ポウチ」では、学問所に入学したばかりのフィデルマが軽いホームシックになったり、同室の上級生からいびられたりする。ちょっと可愛らしい……と思うのも束の間、生意気なほど驚異的な速度で順応し、自身の持ち物である化粧ポウチ盗難事件の真相を暴いてみせる。

 続く「痣」では、この学問所での4年間を終え、卒業試験に挑戦するフィデルマが描かれる。試験とは口頭試問で、実際に発生した事件の判決の正誤を問うというもの。遅刻したにもかかわらず、試験官の嫌味ったらしい口ぶりに果敢に切り返していく彼女の舌鋒は圧巻だ。

 そんなわけで、若くしてパーフェクトな女探偵の物語を、ぜひ存分に味わっていただきたい。なお、古代アイルランド事情に詳しくなくとも、読んでいれば自然とわかってくる(作者もそれが狙いである)ので、ご安心を。(830字)