活字耽溺者の書評集

好きな本を自由気ままに書評するブログ。

プロフィール&仕事まとめ(随時更新)

新聞・ネット等に寄せた記事が増えてきたので、自己紹介も兼ねて、おおよそまとめました。

追加されしだい随時更新していきます。

 

プロフィール

西野 智紀(にしの ともき)

1992年生まれ、長野県伊那谷出身。本好きが高じて、書評ばっかり書いている者です。産経新聞週刊読書人等に寄稿。ノンフィクション書評サイト「HONZ」レビュアー。翻訳ミステリーが多めですが、スタンスとしては、海外・国内、フィクション・ノンフィクション問わず、幅広く面白い本を読んでいく所存。

連絡・依頼・文句等ありましたら tomokinishino13188★gmail.com (★を@に)まで。

 

○『エディに別れを告げて』 エドゥアール・ルイ著 高橋啓訳 東京創元社

書評 2015年5月17日掲載

 

○『夜が来ると』 フィオナ・マクファーレン著 北田絵里子訳 早川書房

書評 2015年7月19日掲載

 

○『真夜中の北京』 ポール・フレンチ著 笹山裕子訳 エンジン・ルーム

書評 2015年9月27日掲載

 

○『羊と鋼の森』 宮下奈都著 文藝春秋

書評 2015年12月13日掲載

 

○『典獄と934人のメロス』 坂本敏夫著 講談社

書評 2016年2月28日掲載

 

○『モッキンバードの娘たち』 ショーン・ステュアート著 鈴木潤訳 東京創元社

書評 2016年6月5日掲載


○『森の人々』 ハニヤ・ヤナギハラ著 山田美明訳 光文社

書評 2016年11月6日掲載

 

○「2016 今年、私の3冊」 選書(ミステリー) 2016年12月25日掲載

『拾った女』 チャールズ・ウィルフォード著 浜野アキオ訳 扶桑社文庫

『過ぎ去りし世界』 デニス・ルへイン著 加賀山卓朗訳 早川書房

『死者は語らずとも』 フィリップ・カー著 柳沢伸洋訳 PHP文芸文庫

 

○『海岸の女たち』 トーヴェ・アルステルダール著 久山葉子訳 創元推理文庫

書評 2017年7月16日掲載

 

○『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』 栗原康著 岩波書店

書評 2016年6月17日号掲載

 

○『昭和声優列伝 テレビ草創期を声でささえた名優たち』 勝田久著 駒草出版

書評 2017年4月14日号掲載

 

レビュアープロフィール

紹介した本

『ベストセラーコード 「売れる文章」を見きわめる驚異のアルゴリズム』 ジョディ・アーチャー、マシュー・ジョッカーズ著 川添節子訳 西内啓監修 日経BP

『Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救った男』 佐々木健一著 文藝春秋

『歴史の証人 ホテル・リッツ』 ティラー・J・マッツェオ著 羽田詩津子訳 東京創元社

 

  • シミルボン(ブックリスタ運営書評サイト) 

○「座右の書×10冊 書評(800字)」

2016年3月公開

○「800字書評6本」

2017年2月公開

https://shimirubon.jp/users/211

~紹介した本~

『最悪』 奥田英朗著 講談社文庫

『孤独の歌声』 天童荒太著 新潮文庫

『テロルの決算』 沢木耕太郎著 文春文庫

『アヘン王国潜入記』 高野秀行著 集英社文庫

『文章心得帖』 鶴見俊輔著 ちくま学芸文庫

『幻の女 新訳版』 ウイリアムアイリッシュ著 黒原敏行訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

『サラの鍵』 タチアナ・ド・ロネ著 高見順訳 新潮クレスト・ブックス

『帰ってきたヒトラー』 ティムール・ヴェルメシュ著 森内薫訳 河出書房新社

ストーナー』 ジョン・ウィリアムズ著 東江一紀訳 作品社

鼻行類』 ハラルト・シュテンプケ著 日高敏隆訳 平凡社ライブラリー

 

『2001年宇宙の旅』 アーサー・C・クラーク著 伊藤典夫役 ハヤカワ文庫SF

『チルドレン』 伊坂幸太郎著 講談社文庫

『ぼっけえ、きょうてえ』 岩井志麻子著 角川ホラー文庫

悪の教典』 貴志祐介著 文春文庫

影武者徳川家康』 隆慶一郎著 新潮文庫

燃えよ剣』 司馬太郎著 新潮文庫

 

  • ホンシェルジュ

○好奇心を刺激する、SFとミステリの融合 新旧海外SFミステリ5選

選書、紹介 2016年6月15日公開

~紹介した本~

『星を継ぐもの』 J・P・ホーガン著 池央耿訳 創元SF文庫

『分解された男』 アルフレッド・ベスター著 沼沢洽治訳 創元SF文庫

『歌うダイアモンド』 ヘレン・マクロイ著 好野理恵 他 訳 創元推理文庫

『神の水』 パオロ・バチガルピ著 中原尚哉訳 新ハヤカワSFシリーズ

『ドローンランド』 トム・ヒレンブラント著 赤坂桃子訳 河出書房新社