活字耽溺者の書評集

好きな本を自由気ままに書評するブログ。

『決定版 2001年宇宙の旅』 アーサー・C・クラーク/伊藤典夫訳/ハヤカワ文庫SF

※この記事はシミルボンからの転載です。

驚異の世界に挑む想像力

 宇宙は、想像を絶する空間である。幾多の創作者が、宇宙をモチーフに作品を創り上げてきた。だが、観測技術が発達するにつれ、創作を軽く凌駕するデータや桁外れな事実が明らかになり、真っ向から挑むには難しい題材となりつつある。

2001年宇宙の旅』は、そんな、どこまでも驚異的な宇宙の神髄に肉薄する記念碑的作品である。著者は20世紀を代表するSF作家アーサー・C・クラーク。映画監督スタンリー・キューブリックの依頼を受け映画脚本原案に参加し、アイデアをまとめたものをノベライズしたのが本書だ。

 三百万年前の地球に、謎の物体が出現する。巨大な黒い石板の形をしたそれは、原始人類(ヒトザル)に劇的な変化を与える。道具を使えるようにしたのだ。獲物を迅速にしとめる術を知り、ヒトザルの知能は急速に発達していく。

 その後、人類文明が大いなる発展を遂げて、月に居を構えだした時代。月で地中から奇妙なものが発見されたとの一報を受け、アメリカ合衆国宇宙評議会のフロイド博士は、月面グラビウス基地に急行する。見つかったのは、黒い厚板上の直立石――モノリス。驚くべきは、周辺の地質調査によれば、埋められた年代はおよそ三百万年前であること。つまり、人類が存在しなかった時代に地球外生命体が存在したことが立証されたのだ!

 一方、宇宙船ディスカバリー号船員ボーマンは、太陽系の惑星調査のため、長い旅を続けていた。しかし、土星へと向かう途中で、船に搭載された人工知能コンピュータ、HAL9000が反乱を起こし、ボーマン以外のクルー全員が死亡してしまう。そして彼は、モノリスに関わる本当の目的を知らされるのである……。

 ミステリ小説のような謎を物語の推進力としつつ、道具を手にして宇宙に飛び出した人類が最後に行き着く先を解いてみせようとした本書。映画版が多様な解釈の入り込む素地を残しているのに対し、この小説はクラークの解釈が散見されるが、それでもこの作品がもたらした想像力の幅は驚嘆の一言に尽きる。色褪せを知らない名作ハードSFだ。(831字)