活字耽溺者の書評集

好きな本を自由気ままに書評するブログ。

2015-10-30から1日間の記事一覧

『声』 アーナルデュル・インドリダソン 柳沢由美子訳 東京創元社 

癒えない傷との対峙 「なんという人生だ」 殺された男のかつての師が、男の孤独な生涯を聞き、悲嘆のあまり放った言葉だ。この言葉は、姿形を変え、幾度となく物語に表れ出ては、事件を捜査するエーレンデュルの内で重く響き渡る。読むものもまた、彼が抱え…