読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

活字耽溺者の書評集

翻訳ミステリ、サスペンス、ノンフィクション等の書評。産経新聞書評欄に不定期で寄稿。

【産経新聞より転載】 『森の人々』 ハニヤ・ヤナギハラ著、山田美明訳 光文社

森の人々

※本記事は2016年11月6日付産経新聞読書面に掲載された書評の転載です。

虚実入り交じる森をゆく

 1950年、免疫学者のエイブラハム・ノートン・ペリーナ博士は、南洋ミクロネシアにあるウ・イヴ諸島のイヴ・イヴ島で、未知の部族と奇病に遭遇する。この疾患は、島に生息するカメを食べることで罹患し、肉体の老化が遅れ何百年も生き長らえることができるが、知能は減退していく。

 博士はこの「セレネ症候群」の発見により、ノーベル医学賞を受賞する。その後博士は諸島の子供43名を養子として迎え入れるが、養子の一人への性的虐待容疑で逮捕され、懲役24カ月の実刑判決を受ける…。

 以上が、冒頭に掲載されたAP通信の記事の梗概だ。驚くべき話の連続だが、これはほんのとば口にすぎない。本書は、このノートン博士の壮絶な半生を自伝形式で綴った、不気味なほどに迫真性あふれるSF小説だ。

 多くの自叙伝がそうであるように、生い立ちから物語は始まる。科学者であるためか、家族関係や研究室の人間模様が冷静かつ論理的に記されているのが特徴的だ。しかし、人類学者とともにイヴ・イヴ島に向かうくだりから、描写はむせ返るほど濃密となる。生命の臭いが充溢するジャングル、諸島に伝わる神話、異様な風貌の人間たちとの邂逅…。

 特筆すべきは、本文中に差し挟まれる細やかな注釈だ。編集したのはノートンの共同研究者で、獄中のノートンに自伝執筆をすすめたのも彼である。動機は友人としてノートンの名誉を回復させたいため。本書の読みどころはここで、ノンフィクションの体裁を守りながら、実は内容すべてが客観的に書かれているとは言い切れないのだ。それゆえに、至る所に謎が潜んでいるような気味の悪さが漂う。

 さらに訳者あとがきによれば、ノートンは実在の科学者がモデルになっているという。ウ・イヴ諸島の地図、ノートンの年譜、ウ・イヴ語一覧も付けられ、この本を読むこと自体が、虚実入り交じる森の調査と同義となっている。著者は1975年ロサンゼルス生まれのハワイ系4世で、本書が処女作。恐るべき文章力、構成力である。(816字)

 

森の人々

森の人々

 

 

 

『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』 栗原康著 岩波書店

村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝

※本稿は「週刊読書人」2016年6月17日号に掲載された書評の転載です。

著者から野枝への恋文

 本書は、大正時代のアナキスト大杉栄のパートナーで、女性解放運動の元祖といわれる伊藤野枝の評伝だ。ただし、物騒なタイトルから察せられるように、常識や道徳観、そして「評伝」という言葉の持つ堅苦しいイメージをも一蹴する、とんでもなくぶっ飛んだ本であることをまず念頭に置いておかれたい。

 伊藤野枝の年譜を簡単に書いておこう。1895年、福岡県の極貧家庭に生まれた彼女は、14歳で上京し、上野高等女学校を卒業したのち、雑誌『青鞜』編集部で働き始める。平塚らいてうの後任として編集長となると、「無規則、無方針、無主張無主義」をモットーに、貞操や中絶、廃娼問題に深く踏み込んだ言論を発表、数々の論争を巻き起こす。ダダイスト辻潤と別れ、大杉栄とその妻、愛人との四角関係を経て、大杉との間に五人の子供を産み、辻潤との子供も合わせて七人の子を育てる。『青鞜』休刊後も『文明批評』や『労働運動』といった雑誌を創刊し執筆活動を続けるが、関東大震災の混乱のさなか、甘粕正彦率いる憲兵隊に拘束され、大杉と甥っ子ともども虐殺される。享年28。

 どこをどう切り取っても壮絶な人物である。が、これらの伝記的事実は、今日新しく掘り起こされたものではない。本書がユニークなのは、語り口だ。冒頭、野枝の故郷である福岡県今宿で、今も野枝が妖怪のように扱われているのを知り、著者はこう綴る。

「野枝のあたまにあるのは、率直にこれだけである。もっとしりたい、もっとかきたい、もっとセックスがしたい。ほんとうに、これだけで突っ走っている。これじゃちょっとものたりない、キュウクツだとおもったら、いつでもすべてふり捨てて、あたらしい生きかたをつかみとる。あたかも、それがあたりまえのことであるかのように。」

 野枝の信条と凄まじい行動力に呼応したかのような、熱っぽくかつ飄々とした文章である。難解さは微塵もない。特筆すべきは、読み進めていくうちに、彼女の激烈な生涯を語るには、この文体でなくては不可能だったと感じざるを得なくなるところだ。野枝が暴行を受ければ「チキショウ!」と怒り、青鞜社の庭に赤ん坊のウンコをばら撒けば「野枝さん……」と呆れ、内務大臣に送った「あなたは一国の為政者でも私よりは弱い」という手紙に「やばい、かっこよすぎる」と惚れ惚れとする……。

 評伝の体裁をとってはいるが、内実は著者の個人的感情をまじえた野枝への恋文である。中には首肯しかねるものもあるが、たしかに、エピソードの数々から見えてくる彼女の思想は魅力的で勇ましい。欲望全開。わがまま上等。習俗打破。やりたくないことはやらない。貧乏でも、なんとかなる。結婚制度も資本主義もクソ食らえ。奴隷根性を引っこ抜け。愛するふたりは、どんなに好き合い、セックスしても、決してひとつにはなれない。なぜなら、ふたりは違う個性を持った別人だから。真に求めるは、中心のない機械――主従も契約もない異なる歯車同士――となって、強い友情をはぐくむこと。

 一世紀近く経過した今でも、野枝が生涯を賭して抗った社会通念は依然として残っている。誰もかれも、約束事や役割論で雁字搦めである。しかし、だからといって彼女のように生きるのは、困難を極める。それでも、本書は、読む者の胸の奥に、現代の逼塞感を打ち崩すだけの、たしかな火を灯してくれる。(1363字)

 

村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝

村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝

 

 

『死者は語らずとも』 フィリップ・カー著 柳沢伸洋訳 PHP文芸文庫

死者は語らずとも (PHP文芸文庫)

肌感覚で突き付けられる歴史と現実

 私は本書の主人公ベルンハルト(ベルニー)・グンターの追っかけファンである。ボクサー顔負けの強靭な腕力、ナチズムが闊歩するドイツでも屈しない精神力、いかなる時でも忘れない皮肉……。だから、グンター・シリーズの新刊を読むというのはまさしく至福の時間だ。翻訳小説がメインでないレーベルにもかかわらず、このシリーズの邦訳を出し続けてくれるPHP文芸文庫には喝采を送りたい。

 内容に入ろう。本書は私立探偵ベルニー・グンター・シリーズの第6作で、2009年にCWAヒストリカルダガー賞を受賞したハードボイルド・ミステリである(過去作については『変わらざるもの』『静かなる炎』のレビューに書いたので割愛)。今作は二部構成で、第一部はオリンピック開催を控える1934年のベルリン、第二部はキューバ革命前夜の1954年のハバナが舞台となっている。

 1934年のグンターは若々しい。刑事を辞め、ホテル警備員として働く彼だが、非ナチ疑惑をかけてきた警官を殴り飛ばしたり、かつての職場の後輩刑事(ナチス支持者)に訓戒を述べたりと、広がるナチズムへの嫌悪があらわになる場面が多いからだ。

 もちろんシリーズ恒例のロマンスもある。相手は、ユダヤ人排斥を推し進めるドイツを取材するアメリカ人ジャーナリストのノリーンだ。グンターは彼女に請われ、運河に浮かび上がったユダヤ人ボクサーの死体の謎をともに追いつつ、情熱的な恋愛関係を結んでいく。ところが、華やかなオリンピック会場建設計画の裏側でめぐらされる謀議が、二人の仲を引き裂かんとするのであった……。

 と、ここまでが全体の三分の二を占める第一部の梗概なのだが、実はこれは第二部へ繋がるほんのプロローグにすぎない。体力も気力も衰え、ハバナでドイツ帰国を希う壮年のグンターに襲いくる艱難辛苦の数々が、すべてこの1934年に端を発しているからだ。それも、単純な伏線回収ではない。歴史の潮流を肌感覚で感じさせ、物語の本筋になめらかに溶け込ませつつ、不可避の現実をグンターと読者に突き付けていくのである。

 毎度思うけれど、著者の作品に横溢する迫力と技巧には驚嘆の一言だ。なにぶん長大だが、しかし、このカタルシスはそうそう味わえない。ファンとして、続刊をいつまでも待ち望む。

 

死者は語らずとも (PHP文芸文庫)

死者は語らずとも (PHP文芸文庫)