読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

活字耽溺者の書評集

翻訳ミステリ、サスペンス、ノンフィクション等の書評。産経新聞書評欄に不定期で寄稿。

島をとにかく空想(妄想)する5冊

 小学生のとき、臨海学習として、2泊3日で三河湾のとある島に渡ったことがある。見渡す限り山ばかりの長野県で暮らしてきた私にとって、四方を海に囲まれた島での生活は、なかなか不思議な体験であった。潮風、日焼けした島の住民、見慣れない鳥や昆虫、眼前に広がる水平線、奇妙な形をした近隣の島々……。

 未知の歴史や生活様式に触れる瞬間は、成人した今でもワクワクする。しかし、私はものぐさかつ空想大好き人間なので、本でその好奇心を満せてしまう。幸いなことに、近年は空想がはかどるステキな「島」本がたくさん出ており、うれしいかぎりである。本稿ではそんな、ちょっと変わった「島ガイドブック」を5冊紹介する。

 

  • 島の生物を想う

そもそも島に進化あり』 川上和人著 技術評論社

そもそも島に進化あり (生物ミステリー)

 本書は、小笠原諸島で20年間にわたって鳥類研究に取り組んできた著者による研究報告書……ではなく、島の生き物たちへの愛を語った生物ミステリー・エッセイである。島の定義に始まり、島に生物が根付き進化していくプロセスから外来種の脅威に至るまでを、軽妙に語っていくのが愉快だ。「ジョークを挟まないと死んでしまうのか!」とツッコミたくなるほどネタが詰まっているのも読みところである。前著『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』も合わせてぜひ。

 

  • 日本の秘島を想う

秘島図鑑』 清水浩史著 河出書房新社

秘島図鑑

 周囲が絶海だったり、住民がいなかったり、アクセスが存在しなかったりする、行くことが困難を極める島――秘島。本書は日本のそんな「行けない」島々の歴史と逸話を集めた秘島ガイドブック(カラー写真つき)である。女人禁制で、毎年一日だけ男性が渡れる神聖な島・沖ノ島。太平洋戦争の激戦地・硫黄島。伊豆諸島の最南端、大海原にそびえる急峻な岩・孀婦岩。……人間社会と完全に切り離された弧絶感と、かつて起きた島の栄枯盛衰ドラマに、胸が高まる。

 

  • 幻の島々を想う

地図から消えた島々』 長谷川亮一著 吉川弘文館(歴史文化ライブラリー)

地図から消えた島々: 幻の日本領と南洋探検家たち (歴史文化ライブラリー)

「幻の島」「地図から消えた島」と聞くと、ロマンティックな想像をせずにはいられない。が、本書は正確に言うならば、「地図上には公式に存在したが、やがて非実在だと判明した島々」の謎と、近代日本の南方進出の歴史に迫った学術書である。大日本帝国による領有宣言が出されたが1946年に存在を抹消された中ノ鳥島、探検家が血眼になって探し続けたが発見されないグランパス島など、数多の山師たちの欲望の残滓がはかなく、そして面白い。

 

  • 世界の秘島を想う

奇妙な孤島の物語』 ユーディット・シャランスキー著 鈴木仁子訳 河出書房新社

奇妙な孤島の物語:私が行ったことのない、生涯行くこともないだろう50の島

 世界中に点在する50の孤島について書かれた本。写真はなく、島の地図と短い解説が添えられているのみ。これは、著者が「地図は具体的であるとともに、抽象的なものである」として、読者の想像力を喚起させるようにしたためである(地図も装幀も著者の手による)。小説ともエッセイともいえない簡潔な文章で綴られる奇習や奇病、乱獲、虐殺、災害といった島の沿革と人間の営みの数々が、非日常へと読む者を誘う。待っているのは至福の読書体験だ。「もっとも美しいドイツの本」受賞(2009年)。

 

  • 異世界の島々を想う

夢幻諸島から』 クリストファー・プリースト著 古沢嘉通訳 新ハヤカワSFシリーズ

夢幻諸島から (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

 そこは、時間の歪みにより精確な地図作成が不可能な世界の、「北大陸」と「南大陸」の間の赤道上に存在する「夢幻諸島」……。無論これは架空の世界で、本書は英国SF界を代表する作家クリストファー・プリーストによる連作短篇集である。異世界版「島」ガイドブックといった趣があるが、読み進めていくうちに他の篇との重なりや事実認識の違いが明らかになっていくのが面白い。島の風景描写も秀逸で、想像を掻き立ててやまない。

 

 以上、創作も史実もごちゃ混ぜで紹介したが、空想好きにとってそこはさして重要ではないので、ご容赦ください……。

 

そもそも島に進化あり (生物ミステリー)

そもそも島に進化あり (生物ミステリー)

 

 

秘島図鑑

秘島図鑑

 

 

地図から消えた島々: 幻の日本領と南洋探検家たち (歴史文化ライブラリー)

地図から消えた島々: 幻の日本領と南洋探検家たち (歴史文化ライブラリー)

 

 

奇妙な孤島の物語:私が行ったことのない、生涯行くこともないだろう50の島

奇妙な孤島の物語:私が行ったことのない、生涯行くこともないだろう50の島

 

 

 

仕事まとめ(随時更新)

 これまでに新聞・ネット等で書いたものをまとめました。

 増え次第更新していきたいと思います。

 

○『エディに別れを告げて』 エドゥアール・ルイ著 高橋啓訳 東京創元社

書評 2015年5月17日掲載

 

○『夜が来ると』 フィオナ・マクファーレン著 北田絵里子訳 早川書房

書評 2015年7月19日掲載

 

○『真夜中の北京』 ポール・フレンチ著 笹山裕子訳 エンジン・ルーム

書評 2015年9月27日掲載

 

○『羊と鋼の森』 宮下奈都著 文藝春秋

書評 2015年12月13日掲載

 

○『典獄と934人のメロス』 坂本敏夫著 講談社

書評 2016年2月28日掲載

 

○『モッキンバードの娘たち』 ショーン・ステュアート著 鈴木潤訳 東京創元社

書評 2016年6月5日掲載


○『森の人々』 ハニヤ・ヤナギハラ著 山田美明訳 光文社

書評 2016年11月6日掲載

 

○「2016 今年、私の3冊」 選書(ミステリー) 2016年12月25日掲載

『拾った女』 チャールズ・ウィルフォード著 浜野アキオ訳 扶桑社文庫

『過ぎ去りし世界』 デニス・ルへイン著 加賀山卓朗訳 早川書房

『死者は語らずとも』 フィリップ・カー著 柳沢伸洋訳 PHP文芸文庫

 

○『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』 栗原康著 岩波書店

書評 2016年6月17日号掲載

 

  • シミルボン(ブックリスタ運営書評サイト) 

○「座右の書×10冊 書評(800字)」

2016年3月公開

○「800字書評6本」

2017年2月公開

https://shimirubon.jp/users/211

~紹介した本~

『最悪』 奥田英朗著 講談社文庫

『孤独の歌声』 天童荒太著 新潮文庫

『テロルの決算』 沢木耕太郎著 文春文庫

『アヘン王国潜入記』 高野秀行著 集英社文庫

『文章心得帖』 鶴見俊輔著 ちくま学芸文庫

『幻の女 新訳版』 ウイリアムアイリッシュ著 黒原敏行訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

『サラの鍵』 タチアナ・ド・ロネ著 高見順訳 新潮クレスト・ブックス

『帰ってきたヒトラー』 ティムール・ヴェルメシュ著 森内薫訳 河出書房新社

ストーナー』 ジョン・ウィリアムズ著 東江一紀訳 作品社

鼻行類』 ハラルト・シュテンプケ著 日高敏隆訳 平凡社ライブラリー

 

『2001年宇宙の旅』 アーサー・C・クラーク著 伊藤典夫役 ハヤカワ文庫SF

『チルドレン』 伊坂幸太郎著 講談社文庫

『ぼっけえ、きょうてえ』 岩井志麻子著 角川ホラー文庫

悪の教典』 貴志祐介著 文春文庫

影武者徳川家康』 隆慶一郎著 新潮文庫

燃えよ剣』 司馬太郎著 新潮文庫

 

  • ホンシェルジュ

○好奇心を刺激する、SFとミステリの融合 新旧海外SFミステリ5選

選書、紹介 2016年6月15日公開

~紹介した本~

『星を継ぐもの』 J・P・ホーガン著 池央耿訳 創元SF文庫

『分解された男』 アルフレッド・ベスター著 沼沢洽治訳 創元SF文庫

『歌うダイアモンド』 ヘレン・マクロイ著 好野理恵 他 訳 創元推理文庫

『神の水』 パオロ・バチガルピ著 中原尚哉訳 新ハヤカワSFシリーズ

『ドローンランド』 トム・ヒレンブラント著 赤坂桃子訳 河出書房新社

 

『ドローンランド』 トム・ヒレンブラント著 赤坂桃子訳 河出書房新社

ドローンランド

ドローンが溶け込んだ未来で

 昨今世間の耳目を集める無人航空機ドローン。メディアで有用性やら問題点やら盛んに報道されているが、では実際問題として、このドローンは今後どのような影響を及ぼしていくのか? そんなクエスチョンに答える本書は、タイトルどおり、ドローンであふれ返る社会を描いたディストピア小説である。

 アメリカが零落し、ブラジル、アラブ諸国、EUが覇権を争う未来。ブリュッセル郊外の農地で、顔面を吹き飛ばされた欧州議会議員が発見される。ユーロポール主任警部のヴェスターホイゼンは、アナリストとともにドローンや最新コンピュータを活用し、長官からの圧力に耐えつつ、二日後には事件を解決に導く。しかしそれは監視社会の恐怖のほんの始まりにすぎなかった。

 作品を彩るのは最先端テクノロジーの数々だ。メガネ型情報端末「スペックス」、情報収集を行う多種多様なドローン、その膨大な情報を管理する捜査コンピュータ・データベース「テリー」……。極めつきは「ミラースペース」。これは集められたデータをもとに犯行現場を完全再現したヴァーチャルリアリティ空間で、時刻を調節し過去に遡ってシミュレーションが可能である。つまり殺害の瞬間を再演できるのだ。しかも、ミラーリングと呼ばれる手続きを踏むと、ミラースペースに入り込むことまでできてしまうのだ。

 これだけ高性能なガジェットがそろうと、額に汗かき靴底すり減らして歩き回る捜査はもはや時代遅れというほかない。元軍人で古いハリウッド映画鑑賞が趣味のヴェスターホイゼンは、作中で自分を「旧式の人間だ」と述懐するとおり、テリーやミラースペースが苦手な人間だが、コンピュータに頼ること自体に不満はない。だが、ミラーリング中に、データ上に存在しない謎の人物が出現し、事件の再捜査を迫られると、その陥穽に否応にも向き合わされる羽目になる。

 とはいえ、重苦しいストーリーでは全くない。全編を通してくどくどした説明がほとんどなくシームレスに展開するので、キレのいい社会派エンターテイメントとなっている。物語に溶けきった時代背景や国際情勢を裏読みするのも面白さの一つだ。ドイツ語圏の主要ミステリ賞・SF賞を獲ったのも納得である。

 

ドローンランド

ドローンランド

 

 

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)